2011年3月23日


この度の東北地方太平洋沖地震では、広範囲に甚大な被害が及び、被災者の皆様には謹んでお見舞い申し上げます。

ねぷた村の敷地にある、りんごの木の剪定作業が行われました!

 津軽藩ねぷた村の敷地内にはりんごの木が数ヶ所に植えてあり、例年、5月中旬には花が咲き、秋には実をつけ、お越しいただきましたお客様には弘前市が日本一のりんごの産地であることを感じていただいています。
 先日、りんご栽培の中で最も重要な作業といわれています、剪定作業が津軽藩ねぷた村で行われました。
この剪定作業の良し悪しが日当たり具合を左右し、りんごの品質に大きく影響します。

 今年の剪定作業も順調に終了しましたので、立派なりんごの実を付けてくれると思います。

津軽藩ねぷた村 入口付近のりんごの木を剪定中 実が成っているりんごの木(2010年10月撮影)

前のNEWSへ    次のNEWSへ